ホトケノザ

 

「ホトケノザ」と戯れた記憶はあるだろうか?

 

学校の帰り道にその蜜を求め、いたずらに毟った記憶をもつひとも少なくないだろう。

 

他にも、あなたに蹂躙された花々はある。

 

  • サルビア
  • ツツジ
  • ムラサキツメクサ
  • スイカズラ
  • サツキ
  • オシロイバナ
  • レンゲソウ
  • ヤブツバキ

 

「学校帰りに花なんて触ったこともない。まっすぐ帰っていた」

そんなひとはいないのではないだろうか。

 

 

小学校のころは、このホトケノザの蜜を「どうやったらたくさん吸えるか」に夢中になっていた。

 

ぷっくりした花を狙う。

強く吸う。

まとめて毟る。

 

そんなことにばかり夢中になっていた。

 

 

そんなふうに、目の前のものに夢中になれていた。

あれを「幸せ」と呼ぶのなら、きっとそうなのだろう。

 

 

いつからかボクたちは、目の前の花になにも感じなくなった。

他人が下す評価ばかり気にするようになり、資本主義に則った評価に甘んじるようになっている。

「本当に自分がほしいもの」を忘れ、そこにあるものを大事にしてるフリをしている。

 

 

いつからそうなったのだろう。

なんでそうなったのだろう。

 

 

もう戻ってこない情熱をもったボクが語りかける。

 

「金じゃねえ。評価じゃねえ。フリじゃねえ。おまえじゃない誰かが大事にしてるモノじゃねえ。

オレみたいに、目の前のものに夢中になれてるか?」

 

 

ホトケノザは、いまも変わらずそこに咲いている。

 

見捨てられたのは、花々だろうか。それとも僕たちだろうか。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA